「精神世界の鉄人」 エッセイ集

タイトル 発行月日
静かな戦争 6/28/2011
先週の土曜日は、東京は、前日の金曜日と違い、急に、涼しくなりました。

金曜日までが、とても、暑かったので、そのギャップに、とまどいながら、久しぶりに、少し、暖かい格好をしました。

この日は、友人に、誘われて、国際ジャーナリストのベンジャミン・フルフォードさんの講演会に、参加しました。




初めて見るベンジャミンさんは、とても身体が、大きく、骨格は、やはり、日本人に比べて、ガッチリしているという、かんじでした。

講演が、始まって、話を聴いていくうちに、身体だけではなく、心も愛も、凄く大きな人だということが、わかりました。

とても、忙しくて、お疲れのようでした。

今までに、何度も、暗殺の危機や、様々な誹謗中傷などの攻撃も、受けてきたようですが、そういう修羅場を、くぐりぬけてきたとは、思えないくらい、ユーモアがあり、やさしい目をした方でした。



情報量が、多すぎて、ぜんぶは、書けませんが、いくつか、印象に残った話を、書いてみますね。

まず、今までも何回も、書いてきたように、現在の最先端の国際政治、国際経済は、主に、アメリカやイスラエルなどに、巣くっている「闇の権力」とか「闇の支配」と呼ばれている、ユダヤ系金融財閥などが、深く、関わっている出来事が、多いとのことでした。

彼らは、私有の銀行を持ち、通貨発行権を、持っていて、今までに、ドル札などを、いくらでも、無限に、印刷できることから、さんざん、やりたいほうだいの悪事を、重ねてきたようですが、数年前に、世界中の心ある超大富豪たちが、

「もう、うんざりだ。彼らの印刷するドル札は、もう、受け取りたくない。これ以上、ドル札で、取引するのは、やめる」

と、言い出したことから、混乱が、始まったのだそうです。

つまり、どんなに、大量に、札束を、刷っても、誰も、受け取って、くれなくなれば、その紙幣は、ただの「紙切れ」に、なってしまうということです。

「もう、バーチャルなお金は、お金と、みなさない。きちんとした、物やサービス、そして、エネルギーやゴールドなどで、支払いを、提供してもらいたい」

と、世界中の金持ちたちが、言い始めたのだそうです。

「リーマンショック」という大事件の本質は、このあたりから、考えたほうが、いいという話でした。

それで、闇の権力者たちは、通貨発行権という大特権を、持っているにも、関わらず、金に、困って、借金だらけになり、やけになって、やったのが、3月11日の日本での「人工地震&人工津波」、そして、「福島第一原発の爆破」なのだそうです。

以前にも、書いたのですが、ベンジャミンさんかの情報では、この超大規模な人工地震は、以前に、ロシアの潜水艦から、盗まれた原爆を、利用したものらしいです。

4発盗まれて、それを、使用したらしいです。

最初は、沖縄のどこかの離島に、しばらく、隠してしたようです。

それから、漁船に乗せて、九州を経由して、神奈川県に、運び込まれ、それから、朝鮮総連の建物から、船に乗せて、宮城県沖に、運ばれ、1月17日に、震源地の海底に、埋めれられたようです。

この埋めたことは、新聞にも、記事として、ちゃんと、掲載されているので、ガセネタなどでは、ないようです。

それから、3月11日に、爆破させて、大津波を、起こしたようです。

その後も、原発を、爆破したりして、日本から、天文学的なお金を、脅しとったそうです。

先月あたりにも、イスラエルにいる闇の権力の手先が、

「もっと、お金を、よこさないと、福島第一原発以外の原発も、また、爆破するぞ!」

と、日本を、脅したそうですが、その時は、このあまりの横暴を、見かねた、ロシアとアメリカのペンタゴンが、

「日本に、そんなことを、もし、やったら、こちらからも、報復の核攻撃を、やるぞ!」

と、脅し返してくれて、日本を、助けてくれたのだそうです。

世界情勢、凄いことに、なっていますねー!



ベンジャミンさんの話で、とても、印象に残った話は、世界は、今、「第三次世界大戦」の状態に、入っているのですが、どちらかというと、大規模な核戦争や空爆、地上戦などではなくて、いわゆる、「サレントウォー」と呼ばれる、「静かな戦争」なのだそうです。

金融や情報などの意図的な混乱、ウイルスなどの生物兵器、人工地震や気象兵器などを使った攻撃など、水面下で、行われている工作が、多いようです。

よく、日本では、

「この災害時にも、関わらず、政府は、情報を、隠蔽している」

と言って、怒る人がいますが、この怒りは、根本的に、間違っています。

311以降の地震や津波、原発などが、「災害」と「事故」だと、思い、「災害時」だと、思っているから、そういう発想になるのです。

そうではなく、311は、第三次世界大戦の始まりであり、日本への「攻撃」や「テロ」であり、現在は、「戦時下」であるという認識に、発想を、切り替えたほうが、いいみたいです。

「戦時下」では、国家と言うのは、情報のコントロールを、しなくては、いけなくなるのです。



政府の中にも、いろいろな人間がいます。

ベンジャミンさんが、言っていたのは、

「311の地震が、人工地震だということは、現在では、もう、永田町の政治家たちのほとんどが、知っています。すでに、常識になっています」

とのことでした。

さらに、

「ただ、表立って、事を荒立てることは、できません。どうしてかというと、表立てると、本当に、戦争に、なってしまうからです。闇の権力者たちは、今、破れかぶれになっていて、戦争を、やりたくて、しかたがないのです。だから、彼らの挑発に、決して、のっては、いけません」

と、強調していました。

怒ったら、負けだというのです。

では、日本の政府は、どういう対策を、とっているのかというと、いきなり、お金の支払いを、停止すると、彼らが、逆上して、何をするのか、わからないので、少しづつ、支払い金額を、少なくしていき、彼らの支配している銀行や企業が、自然に、倒産してくという方法を、選んでいるのだそうです。

本当に、「静かな戦争」ですね…



このように、現在、世界中のあらゆるところで、「静かな戦争」が、勃発しています。

20世紀の戦争は、弾丸やミサイルが、飛び交い、国家対国家の戦争という単純な戦争だったのですが、現在、行われている、21世紀の戦争は、とても複雑な「静かな戦争」みたいです。

日本の政府の中でも、おそらく、311の人工地震や原発の爆破に、関わった、闇の権力の手先も、たくさんいると、思います。

彼らは、自分たちの悪事が、バレないように、嘘を、つきます。

一方で、本当に、国民のことを、思い、平和を、願っている人たちも、たくさんいます。

彼らも、国民が、怒って、闇の権力に向かって、攻撃を起こすことを、阻止するために、嘘を、つきます。

さらに、国民に、不安を、与えないようにするための嘘も、あるでしょう。

このように、政府の嘘にも、いろいろな理由の嘘が、存在しているみたいです。

おそらく、政府の中では、

悪事が、バレないように、ビクビクして、様々な工作を、やっている人たち。

どうしていいのか、わからず、オロオロして、パニックに、なっている人たち。

本当に、世の中を、よくしたいと思って、がんばって、動いている人たち。

こういう3つのグループが、存在しているしていると、思われます。



ベンジャミンさんは、

「先月くらいに、世界中の心ある人たちが、闇の権力の印刷する紙幣の印刷機を、いろいろな手段を使って、停止しました。だから、彼らは、もう、新しいお金も、造りだせない状態です。もう、彼らは、虫の息です。失脚は、目前です」

とも、言っていました。

そして、

「彼らは、今年の8月くらいまで、身動きが、とれない状態です、だから、現在は、静かな戦争は、休戦状態に、入っています。8月あたりに、決着が、つくと思いますが、おそらく、いい方向に、向かうと、思っています」

とも、話していました。

さらに、

「皆さん、闇の権力者たち、正確には、悪魔教の信者たちの時代は、もうすぐ、終わります。ただ、大切なことは、彼らを、これ以上、追い詰めないように、することです。追い詰めれば、彼らも、必死になります。何もしなくても、彼らは、勝手に、自滅します。今は、それを、静かに、眺めていてください」

とも、言っていました。

これは、凄い話です。

ほとんどの人たちは、

「どうやって、悪を、打ち負かし、やっつけるのか?」

ということばかり、強調するのですが、ベンジャミンさんは、

「負ける彼らに、逃げ道を、用意してあげましょう」

と、提案しているのです。

まさに、「青い目のサムライ」ですね。

日本人なんかよりも、はるかに、素晴らしい、「大和魂」を、持った、現代のサムライです。

感動しました。

他にも、

「西洋人である闇の権力者たちは、聖書の終末予言を、心底信じています。これは、裏を返せば、彼らは、終末が、来るまでは、不安なのです。だから、人工的に、悪い終末を、起こして、世界を、破滅に、向かわせようとするのです」

続けて、

「せっかくの機会ですから、来年、2012年を、皆で、仮の終末にしませんか? 大規模な戦争なんかではなくて、とても、楽しく、ワクワクするような楽しい大イベントを、世界中で、開催しませんか? それで、世界を、いったん、リセットさせて、本当に、素晴らしい、素敵な地球を、2012年から、始めませんか?」

と、提案していました。

大賛成です!(笑)




講演が、終わって、会場の脇の廊下で、ベンジャミンさんと、少しだけ、話をしました。

「はじめまして。トーマという者です。ベンジャミンさんの動画など、たくさんの人に、広めましたよ。応援しています。これからも、がんばってくださいね!」

こう言ったら、

「ありがとうございます」

と、とても、やさしい目で、答えてくれました。










☆この動画は、私が、参加した講演会ではなく、別の日時に、別の場所で、開催されたものですが、ここでも、いろいろな貴重な情報を、公開しています。


〇「地球維新 ベンジャミン・フルフォード」

http://www.youtube.com/watch?v=aRJ02-2Vw9c&feature=youtu.be

http://www.youtube.com/watch?v=VIrP1jO2pfI&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=Wf4yt7zuzF4&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=kGcmNoms_aE&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=ymthk0pne4Q&feature=related









☆ベンジャミンさんとのツーショットです。前世では、兄弟だった?(笑)







以上

 

 

 

 

 

☆MIXIも、やっています。メンバーの方は、ぜひ、遊びに来てくださいね。読者の方は、マイミクも、大歓迎です。 ↓

 

☆twitterも、やっています。いろいろ、つぶやいています。↓

 

☆Facebookも、やっています。↓

トーマ イタル

バナーを作成 

 

☆「精神世界」の面白いサイトが、たくさんあります。ポチっと、クリックしてみてくださいね。↓

 


精神世界ランキング

 

 

 

 

Copyright © 2001 Itaru Toma All rights reserved.